実機を購入しちゃいました。
個人的に去年の5号機の中で一番評価したい台です^^
クラシックモードの発想も良いですし、ドンちゃんモードでも
出目が死んでいたら連続演出をすぐに終了させてくれるのも○。
最近のエヴァなんかレア(?)小役を引く度に連続演出に発展して
ハズレ確定してるのに5Gくらい続くストーリー演出とかいらん…。
おまけに連続演出中も警報ランプが付かなければ、
レア小役成立の可能性はほぼ無いので、何の期待もなく適当打ちに。

しかしそんな青ドンも天井機能は必要なかったし、
何より天井まで残り何Gか台のボタンで見れてしまうため
ハイエナ用の台となったせいもあり、短命に終わって残念です。

101215_172704.jpg

ちょっと動画でも試しに撮って編集してみようかなと思います。
まずはデータカウンターが無いと話にならないので先に入手せねば。
REG中の河井出現率を計算してみました。
継続率ごとのキャラ選択率は当ブログでは掲載を省略します。

前に載せたものより、設定1~3の値が0.4程上がっています。
前回は選択率を小数第一までで計算しましたが、
今回はより詳細なデータをもとに計算を行いました。
誤差で済む範囲だと思いますのでお許し頂ければ幸いです^^;
機種スレに書こうとしたけど、機種板までYahoo!BBのアク制限が…。


押し順10枚役は押し順自体は正解でも不正解でも問題ありません。
成立した時点で継続率が決定されており、その継続率に合わせて
キャラが選択される仕組みで、どのキャラが選ばれたかは
レバーON時点で確認できるのでサンプルも集めやすいです。
とはいえ、最低でもストックが1個以上ある状態でなければ、
確認出来ない(ストック0の状態では必ず竜児が選択される)ので
そこに行くまでに時間が掛かることもあるので難しいです。


レア小役成立時は画面に???の表示が出なく、レバーON時の音も
豪華というか派手目になるので察知することは十分可能です。
ここでのレア小役というのは、BAR揃い以外の全役が対象です。
押し順不問ベルも含まれます。ここで獲得したストックは必ず
67%以上継続確定なので、河井出現率に殆ど差が生じません。


こちらも継続率は95%確定なので推測には使えません。
竜児+石松+志那虎時には僅かな差がありますが、
出くわす頻度が極端に低く実用性は全くありません。


こちらは低い継続率が選択されやすいので上記2つに比べれば
多少は設定推測要素には使えます。しかし、サンプル数に関しては
1日打っても2、3回程度しか集められないと思うので
やはり押し順10枚役成立時の出現率に比べれば精度は劣ります。

次回はBIG中の実質出現率とNEXT中のストック獲得率などを
掲載する予定です。一応次で最後にするつもりです。
下記情報はネット上で集めた情報や、知人から得た情報を
独自にまとめたもので内容の正確性までは保証できかねます点
ご了承の上、ご覧頂きますようお願い申し上げます。









レア小役の出現率等は当ブログでは掲載を省略させて頂きます。
BAR揃いは1/65536という、REG約10922回に1回引ければ良い程度なので
無いものとして見て良いでしょう。押し順ベルは殆どが33%継続で
しかも設定差は無いので設定判別には一見使い物にならなさそうですが、
33%継続と50%継続が選ばれやすい点に注目し、
両継続率で河井が選択されれば設定456確定となるので要注目です。
次回の記事では実質の河井出現率を計算したものを掲載する予定です。
まずはBIG中の継続率の選択割合を掲載します。
下記情報はネット上で集めた情報や、知人から得た情報を
独自にまとめたもので内容の正確性までは保証できかねます点
ご了承の上、ご覧頂きますようお願い申し上げます。


上記の選択率は角チェリー+BAR揃い、ベル+BAR揃い、
中段チェリーでシングルラインBAR揃いの全てが対象です。
75%以上の選択率が 8.4% ~ 31.9% と大きく差が出ています。



続いてBARのダブルライン揃い。全設定で80%以上確定ですが、
設定6はフリーズを伴わなくても95%継続の選択率が別格です。
設定判別に使う場合は、最低でも1ストック以上確定している状況で
(竜児にストックされると、BARダブル揃いで何連したか把握しづらい)
BARダブル揃いを引き、そのキャラが20連以上継続すれば
かなり6の期待が高まってくると思います。引くまでが大変ですが…。



こちらは全設定共通で95%継続確定です。
フリーズする時の演出は、菊姉が黄金の日本Jr.の旗を
掲げる演出が発生するので、他の台をチェックする際ご参考に。



低確・高確の説明は当ブログでは省略させていただきます。
平均的に見れば設定による差はあまり体感しづらいです。
ただ、設定56のみ80%以上が極稀に選択されるので
間違いなくチェリーのみで当選したと確信できる状況で、
1セット開始Gで台枠赤ランプ点灯すれば56確定となります。
ここで気をつけたいのが、ただ10連くらいしたからといって
80%以上が選択されたと決め付けて設定56と思い込むのは、
75%継続でも10連くらいは普通にしますし、危険な判断です。



こちらも平均的に見れば設定差の体感の違いは殆どありません。
低確と比べると33%継続が抑えられ67%継続の選択率が
僅かに上がる程度です。80%以上の継続率は設定5のみ選択されます。



ベルで当選した分は単発or50%のみとなり、0%継続が選択された場合
ストックの有無に関わらず必ず竜児が選択されます。
薄い50%継続が選択された場合は、ストックが無ければ竜児、
竜児がいる状態であれば通常通りのキャラ選択率が適用されます。
この場合は志那虎が選択されやすくなるでしょうね。


次回の記事で、上記継続率表をもとに、
それぞれ河井の出現率を算出したものを掲載してみます。
攻略系ブログというと具体的にどんな事を書くかですが、
とりあえず今のところ予定している内容はこんなところです。

・リングにかけろ1 黄金の日本Jr.編 設定ごとの河井出現率
・エヴァ魂の軌跡シミュレーターのバージョンアップ
・新鬼武者のシミュレーター製作
・茉莉花の剣 設定推測ツールの公開

リンかけのREG中の河井出現率を某2chスレで掲載したの私です^^;
スロサロンはアクセス制限で書き込みできないので殆ど見ませんが、
スロ機種板は書き込みが出来るのでちょくちょく顔を出してたりします。
スレ内ではBIG中のチェリー当選時の出現率までは掲載していないので
その辺も加え、文字で書くより分かりやすく掲載出来たらと思います。
茉莉花に関しては設定456は見抜きやすいのと、45の割の低さから
設定6を使うホールが増えだしたことで、最近お世話になってるので><

エヴァ魂の軌跡シミュは現状でほぼ完成してしまっております。
ver0.35と控えめにつけてますが実質ver1.2くらいな気持ちです。
あと加えるとすれば1000Gごとに区切って続行か終了といったように
プレーの継続機能をつけたいなと考えております。
(その場合、履歴機能が微妙になるという懸念もありますが)

あと、データロボサイトセブンのスランプグラフから
客側の収支がどのくらいなのかを誤差50枚の範囲で表示する
ツールなんかも作ってあったりします。需要があれば公開予定。
約1年間に渡り、白兎のサミタ日記として続けてきたこのブログですが
サミタの話題に触れる機会を減らし、リアルパチスロの解析値の掲載や、
それを参考にした設定推測の仕方など、リアスロ攻略系のブログに
移行することに致しました。もともと、このブログを始める前には
携帯用のシミュレーターや設定推測ツール等を作っておりまして、
今後はそちらをメインにしていきたいなと思います。

タイトルも白兎のサミタ日記というのを変更する予定です。
サミタの話題に関してはたまに触れさせていただく程度になり、
今までのような攻略記事は終了とさせて頂きます。
多くの方に辞めるな、2chの叩きなんか気にするなとメールにて
ご支援頂きましたが、そのご期待を裏切る形になり申し訳ありません。

2chに貼られる前からもアクセス数はそこそこあり、
毎日の更新にやりがいも感じておりました。
自分で言うのもあれですが、アクセス数が増えたブログを運営する
ということの大変さを知る、良い勉強の機会にもなりました。
自分の書いた記事が誰かの参考になることもあれば、
誰かの不快感を買うこともあったり迷惑もかけたり。
正直たかがブログと思っていましたが、一文の重みというか
変なことを書くわけにはいかないんだなと実感しました。

サミタブログランキングについては先程、リンクを外しました。
登録データの抹消(参加中止)をすることは出来ないようでした。
11月から更新ストップしておりましたが、未だ3位って;
定期的に投票してくださった方がいたのでしょうか。
お気持ち本当にありがとうございました。そしてごめんなさい。

サミタ自体はパチパチコースからパチスロコースに移行し、
一応は続けていく予定ですがログイン頻度はガタ落ちします。
5号機の新台を設定推測練習がてらに打ったり、
打ちたい台があったらたまに参加する程度になり
イベントはもう参加することはなさそうです。
チーメンの方にはご迷惑おかけします。
近日中にTPの報告や分配など行わせていただきますね。


今まで当ブログをご覧頂きありがとうございました。
色々な批判や応援なと頂き、また色々な経験をさせて頂き
本当に良い経験になりました。
頂いたメールには全て返信できておりませんが、
この場を借りてお礼とお詫び申し上げます。