明日2027の打ち方等についての記事を書いてみたいと思います。
テストホールで試したところ、BM突入時は履歴がオレンジ色になります。
緑色のツブがずらーっと並んでいる台はポイントが溜まってる可能性が
高いので手打ちするときは狙ってみるのもアリかもしれません。



2027打ちの方は誰もが興奮するであろう場面ですね。








思いやりのある圭介。が、離脱せず普通に継続しました^^;
結構終了を覚悟してしまう演出だけに焦りました。






なんなのこの台。すごく楽しいです。優さん体調不良すぎ。
ちなみに普段はもっと普通の流れの演出で継続します。

初代が高評価されていたのは、ART中の演出の作りこみかなと。
台詞によって継続するかどうかの分岐が発生したり、
ART消化が作業にならないよう工夫がされている台ですね。
また、ART中にボーナスを引く心配も無い(既に引いている)ため
安心して消化に専念できるのも良い点だと思います。

2ndがボロクソに叩かれたのは、初代で良かったそのポイントを
継承するどころか間逆の台に仕上げてしまったところですね。
ストーリー演出の量は多くても、継続示唆の分岐が無いので
ボーナスの成立に怯えながら、淡々と消化していく感じで。
一度一通り物語を見たら、次からは作業でしかありません。
規制が掛かり同じシステムの台が作れなくなったとはいえ、
なら無理して続編を出さなかった方がメーカーの信頼も落とさずに
済んだと思います。JPSさんの台、2027II以降全く見てません。
(導入している店を見ないという意味です)