超久々の更新になりました。
「うみねこのなく頃に」がパチスロ化する事を知り大歓喜。
しかも、スペックは前作と同じノーマルタイプ+RTと、
五号機本来の”らしさ”を取り戻してくれたメーカーに脱帽デス。
久々のパチスロらしいパチスロの登場に、今から楽しみで仕方ありません。
なんとかラッシュとかもう飽々でした。この台は絶対打ち込みます。
早くドラちゃんとバトラのバトルシーンが見たいデス。

無能さん
(C)竜騎士07/07th Expansion/O-IZUMI/肖像画イラスト:江草天仁
Copyright © 2005-2013 Sammy NetWorks Co., Ltd.


本日11月15日から3日間限定ではありますが
サミタにて体験版が公開されています。運命分岐モードから開始で
転落リプレイ成立するまでしか遊べない等の制限が掛かっていますが、
恐らくはリール制御や小役配当は実機仕様だと思われますので、
気づいた点をまとめていきたいと思います。

※あくまで体験版をもとにした考察です。
 実機で必ずしも通用するかは保証しかねます。

-----------

<< 一枚役 >>

とりあえず、情報が公開されていない1枚役についてですが、

白一枚役
白7 / オレンジ / 青7
白一枚役

赤一枚役
赤7 / BAR / オレンジ
赤一枚役

これであっているかと思います。他にも代わりがあるかもしれませんが
獲得し易くする必要も無い役ですし、この2つのみだと思われます。

<< ◎中押し青7狙い >>
今作では右リール中段にリプが止まっても普通にボーナスがあります。
悪く言えば、中押しでボーナス成立有無の判別が付きづらくなってます。
アバウト目押しでは赤一枚役を取りこぼしますが、
中下段に狙えば両一枚役をフォロー可能。近日まとめた記事を公開。

<< ×中枠下白7狙い >>
今作では完全に無意味になりました。赤一枚役で中リールに
チェリーを狙う必要がなくなったのと、スイカを引き込めません。
枠2コマ下に狙えばスイカを引き込みますが、そこまで行くと
白狙いとは言い難いですね。後述の中押しバー狙いで解説します。

<< △中枠上六番バー狙い >>
全小役フォロー可能ですが、一枚役時とリプレイ、チェリー時の
第一停止時の制御が恐らく赤白同じため、目押しの効率が悪い。
ただし中押しという性質上、残りを左右の順でベルの種類判別が可能。
検証不足ですが、白一枚役時にも上段にバーが停止する場合は、
両方をフォローすることは困難でしょう。これが一番不安要素。

<< △順押しチェリー付き青7狙い >>
中段に青7ビタ押しで一応1枚役もフォロー可能(ただし片方白のみ)
左上段に白7が滑ってきた場合は1枚役か白頭ボーナスの激アツ出目。
上段~枠上に青7を押した場合は1枚役はフォロー不可。
ただし、それなりに小役ハズレ等のリーチ目は用意されているため
1枚役を無視して出目を楽しみたい場合は有りといえば有り。

<< ○逆押し枠2コマ上青7狙い >>
こちらも全役フォロー可能で、激アツ出目もありますが、最低でも
2コマ以上上に7を狙うという、あまりスマートな打法ではないです。
また、赤一枚役時に右リールを止めただけではハズレと区別不可で
通常時にこれをやるのは効率面でオススメできません。
右から停止するとベルのAB判別も不可能ですしね。
設定偶奇判別※済かつ、RT中専用の打法になることでしょう。
(※前作では中左右の順で設定判別に役立つベル種判別が出来た)

sum3.jpg
△白一枚役/共通一枚役※/ボーナス
 左中下段に赤7がついてないほうのチェリー付き青7を狙い、
 青7揃いでリーチ目、揃わなくても一枚役のため中々熱いです
(※共通一枚役というフラグが今作でもあるかは不明ですが多分ある)


相当やり込んだゲームとのタイアップなだけに非常に楽しみ。
開発スタッフも相当うみねこを分かってる原作ファンのようですし、
今のご時世にこの仕様で決断してくれたメーカーに感謝します。
このスペックが受け入れられないとなるとパチスロも終わった感。
当ブログでは、うみねこスロを流行らせるため尽力する所存でございます。
うおおぉぉぉぉぉぉぉ早くホールに来いよォオオオォ!!

ざァんねんでしたァ!これは幻想で~す!!
△本当にオーイズミは分かってる