4/22
全フラグ解析値を更新しました。こちらの記事にて。


(以下、古い情報になります)

前回の記事で、実戦値を載せると書いてから大分経ってしまいました…。
小役確率はまだ、半分くらいしか公開されてませんが、判明済みのものを
掲載いたします。後半は使いものになるのかどうかの考察も!

ある程度の予備知識がある前提での紹介になります。
斜め風鈴の調べ方などの、基本的な打ち方は他サイトでお調べ頂くか、
後日掲載予定の打ち方を紹介する記事までお待ち頂ければ幸いです。

-----

[メインスペック]

2015 ハナビ(HANABI)
(C)アクロス 5号機 ノーマル+RT機
3bet 5Line / 1-2bet 1Line  

<< BIG >>
設定1 1/312.1
設定2 1/303.4
設定5 1/292.6
設定6 1/277.7

<< REG >>
設定1 1/385.5
設定2 1/368.2
設定5 1/348.6
設定6 1/324.4

<< BR合算確率 >>
設定1 1/172.5
設定2 1/166.3
設定5 1/159.1
設定6 1/149.6

<< 公表機械割(通常)>>
設定1  98.0%
設定2  99.9%
設定5 103.1%
設定6 106.1%
※何を以てして通常としているかは現時点で不明
 恐らく通常時の氷は100%取得している前提でしょう

<< 公表機械割(フル攻略)>>
設定1 100.5%
設定2 102.3%
設定5 105.4%
設定6 108.5%
※ボーナス成立時は毎回即揃え等の条件かもしれませんが、それでも
 1枚掛けが出来るため終日打って50枚以内の誤差。やはりハズシとBIG中か。

<< 公表コイン持ち >>
設定1 34.9G / 50枚
設定6 36.8G / 50枚
※設定2と5に関しては不明。恐らくは普通に1<2<5<6の順で回るはず。

-----

[通常時]

残念ながら、風鈴確率、氷確率、チェリー確率は現時点で不明です。
解析が出ずとも稼働が絶好調なので、しばらく出し渋られそうです。
リプレイ確率も一応不明ですが、高確率にする理由もない筈なので
従来通り1/7.3だと思われます。コイン持ちの理論値は公開されてますので
小役確率から現在のコイン持ちを逆算し、高低の判断くらいは出来そうです。

・風鈴は10枚、チェリー4毎、氷は平行斜め共に15枚払い出し
・リプレイは3枚役として計算
・1枚掛け、2枚掛けで回したG数、小役カウントは計算から除外する
 (2枚以下でのBET時は小役確率及び払い出し枚数が変わっているため)

コイン持ちは以下の様に求められます。まず各小役の確率を出し、
50枚あたりのコイン持ち = 50/(3-(10/+15/+4/+3/7.3))
=風鈴確率 =氷確率 =チェリー確率
以上の式で算出が可能です。

-----

[BIG中]
REG中の3連ドン(トリオレ)ビタ押し時に盤面上の花火ランプが
片方しか点滅しないパターンが出たら偶数濃厚という噂がありましたが
どうやらガセだったらしく、REG中のビタは音がただ鳴るだけのようです。
ここではBIG中の情報のみ掲載。

<< 斜め風鈴 >>
設定15 1/10.67
設定26 1/ 8.26

<< ハズレ >>
設定1 1/16384
設定2 1/16384
設定5 1/ 482
設定6 1/ 482
※ハズレ出現時は獲得枚数が2枚減るため、履歴には309枚と残ります。
 赤7ビタをしていない場合の獲得枚数は通常299枚、外れ出現で297枚
 この履歴を使用して高設定探しをするといった立ち回りも可能です。
 (ただし309枚の履歴は前任者が赤7ビタを3回やっていた可能性もあり)
 
-----

[花火チャンス(CZ)&花火ゲーム(RT)中]

突入リプレイの確率はおよそ1/3.8と言われていますが、まだ不明です。
CZの準備中はハズレ多発で純増0.2枚程度ですし、外せば外すほど
パンクのリスクが増えます(純増0.5枚の20GのRTが消滅するのは痛い)
ハズシの機械割の影響は、1.1%~0.9%程度で低設定の方が大きめ。
※計算方法はフル攻略時の割から、BIG中14枚役を取らない場合の
 機械割をまず計算。99.2%~107.1% そこから残りの差を見ました。
 恐らくは成立ゲームでの即揃え等も条件に含まれると思うので
 ハズシによる影響は全設定1%にも満たないかもしれません。

<< CZ中ハズレ >>
設定1 1/7.07
設定2 1/6.61
設定5 1/6.16
設定6 1/5.81

<< CZ中ハズレ >>
設定1 1/13.36
設定2 1/11.81
設定5 1/10.44
設定6 1/ 9.48

通常時の小役確率にそんなに差が無く、外れに大きめの差があると
恐らくはCZの純増0.2枚/G、RTは0.5枚/Gは全設定共通ではなく
高設定ほど純増枚数は低めにされていそうですね。

-----

[設定推測について]
現在判明しているデータのみでも、設定推測は十分可能なのか。
今回は終日稼働した場合に、設定を断言出来るかどうかを焦点に。
8000Gまわした際に各項目が設定6通りに引けていた場合の、
各設定の期待度を計算してみました。
根拠はまだ不十分ですが、1BIGあたりの平均CZ、RTゲーム数を
CZが14G、RTを17Gとして計算しています。

<< ボーナス合算確率 >>
設定1 19.0%
設定2 23.4%
設定5 27.8%
設定6 29.8%

<< CZ中ハズレ >>
設定1 10.9%
設定2 21.6%
設定5 32.4%
設定6 35.1%

<< RT中ハズレ >>
設定1  4.2%
設定2 16.8%
設定5 36.9%
設定6 42.1%

ボーナス確率は殆どアテになりません。
ハズレ確率はCZ中のほうは個で見ると微妙になりますが、
両方合わせてデータを取ることにより信頼度が上がります。
CZ中もRT中も共に設定6の近似値となった場合の
各設定の期待度は

設定1  1.5%
設定2 11.8%
設定5 38.8%
設定6 48.0%

この通り、終日分のデータが取れれば十分設定は見えると思います。
これに加えて、BIG中の小役確率を見て総合的に判断する事になります。
まず、BIG25回、サンプル数は600Gとします。

<< ハズレが0回時の設定期待度 >>
設定1 38.5%
設定2 38.5%
設定5 11.5%
設定6 11.5%

<< ハズレが1回時の設定期待度 >>
設定1  4.5%
設定2  4.5%
設定5 45.5%
設定6 45.5%

<< ハズレが2回時の設定期待度 >>
設定1  0.1%
設定2  0.1%
設定5 49.9%
設定6 49.9%

ハズレを終日1度も引けなくても56の可能性は十分残ります。
1度引いても確信まではいけないので、他の要素と照合し判断。
2度引けば、もう確信して良いレベルだと思います。
さらに、600Gの試行で斜め風鈴の出現率も見てみましょう。

<< 斜め風率 奇数設定近似値時の設定期待度 >>
設定15 91.1%
設定26  8.9%

<< 斜め風率 偶数設定近似値時の設定期待度 >>
設定15  9.5%
設定26 90.5%

十分実用的だと思います。終日データを採らないとここまで強くは
判別できませんが、1日打って設定がわからなかったということは
これでなくなりそうです。極端に偏った場合、早いうちから見切りを
つけることもできそうですね。


△BIG1ゲーム目に赤7中段ビタ押したつもりが、いつもの
 「ビッ」という音が鳴らず、目押し失敗したと思ったら…ハズレ目!