設定6だけは簡単に見抜くことが出来る南国物語スペシャル。
先日判別ツールを公開しましたが、初見の方は間違いなく
使い方がわからないと思い、解説記事を立ち上げました…。
色々と間違いがあるかもしれませんので、
おかしな事を書いていたらコメントにてご指摘願います!


南国物語SP判別ツール@セブンノア
http://seven.noor.jp/judge?s=nangoku_sp




<ある程度詳しい方向けの簡潔な説明>
・転落役の回避成功分もカウント対象で合算します(1/14.2~1/10.0)
・高確中も特殊1枚役のサンプルを採りたいがため順押し推奨
 (高確中変則押し時の特殊1枚役停止形をご存じの方いればご一報を)
・除外G数はデータカウンタのG数調整用に使用して下さい
 殆どのカウンタはMB消化時に1Gだけカウントされるようです



以下、初打ちの方向けの説明です。
順押し時の特殊1枚役の出目と、高確中の転落目の形は
ご存じである前提で解説しますので、それが分からない方は
他のサイト等で一度打ち方を覚えてからご覧いただければ幸いです。



[開始前トータルG数]
誰かが打った後の台に座る場合に使用します。
1Gも回されていない台を打つ場合は0か空欄で。


[現在トータルG数]
単純にデータカウンタのゲーム数を入力するだけでOKです。
MB中のゲーム数については後述の「除外G数」で調整します。


[チェリー]
2枚払い出しのチェリーをカウント。約50Gに1回の頻度で成立。
MB中以外はBIG/REG中も各設定、同じ確率で出現します。
このボーナス中の出現時もカウントする場合は、
消化したゲーム数を都度控える必要があります(後述)
面倒であれば非ボーナス中のみカウントで良いかと思います。
チェリー確率を無視する場合は空欄にしてください。
(0と入力すると引いてない扱いになり影響を及ぼします)


[特殊1枚役]
順押し時は斜めベルテンパイ時点で特殊1枚役確定なのでカウント。
設定6だけ別格の出現率で、最重要な設定判別要素となります。

2択正解時は右リールの上段か下段にベルが停止=MB入賞後高確移行。
(厳密には中段にリプ/ベル/チェリーorスイカが順押しの正解時出目)
不正解時は右リール中段に7か花が止まり1枚の払い出しのみ。
この2択は正解不正解に関わらず、全てカウント対象となります。

高確中も特殊1枚役の確率自体は変わりません。
順押しであれば通常時同様、ベルが斜めテンパイした時点で
特殊1枚役の2確なのでカウントしてサンプルをより多く集めましょう。
この時の2択正解時はMBが入賞せず払い出しも0枚です。
(不正解時は通常時と同じ形で1枚払い出し)
変則押し時は、押し順正解時のハズレ目が高確中は
どのような形になるか詳細がわかっていないため、
今のところは確認が取れている順押しのみをおススメします。
(詳しい方がいましたら教えてください!)


[除外G数]
ここではデータカウンタで計測されてしまった無抽選ゾーンを
差し引きして正確なゲーム数を計算するために使用されます。
通常時と高確時と分けて入力欄を設けてあります。
2GのMB消化中は特殊1枚役やチェリー、転落役は成立しないため
除外しなくてはなりません。データカウンタによって扱いが異なり、
MB中単純に2Gカウントしたり、1Gだけ加算するものが(殆どこれのはず)
消化時にG数がいくつ進むかを見て動くG数分だけ加算して下さい。
また、ボーナス告知時に揃えるのに失敗した場合は、
高確の除外G数の欄に揃えるまでに要したG数を加算します。


[高確中G数]
ボーナス成立or転落目停止時点でのゲーム数を打ちこみ加算して下さい。
連チャン中はそのまま現在のG数を加算していくだけなので楽ですが、
初当たり時は、MBの消化をし終えて高確移行したG数を覚えておき
差し引きしたものを入力してください。
例:200Gで特殊1枚役2択成功(MB入賞)204Gで転落回避目(MB入賞)
  209G目でボーナス成立。高確G数の欄は 8 加算してください。
  このケースではMB分のゲーム数は別途、除外G数の欄に足します。
  MBで1G進むカウンタなら、通常時と高確中の除外G数ともに+1します。

下でも触れますが、順押しの転落目は必ず終了(MB成立)とは限らないため
入力を終えても、一応現在のG数を覚えておいてください。


[ボーナス成立]
ここは深く考えず、単純にBIG&REGの当選回数を入力すればOKです。


[転落役]
転落役=MB成立。2択正解でMB入賞後、高確に再突入(つまり転落回避)
不正解でMB成立後状態となり、いわゆる通常時に戻ります。
ここでのカウントは2択正解/不正解に関わらず全てカウントします。

ただし、順押し時は純ハズレの一部でも転落目と同じ目が止まり、
終わったと思ったのに数G後にボーナス告知というケースが稀にあります。
(転落目が2回以上出現するというケースもこれにあたります)
このため、転落目が止まったらゲーム数だけ覚えておき、10G程様子をみて
何もなければ転落していたという扱いでカウントすれば良いと思います。
逆ハサミでは確実に転落役が見抜けるそうですが、
高確中の特殊1枚役の制御が不明なため現時点ではおススメしません。
(MBを引き込む必要がないため普通のハズレ目と同じ形になると予想)
転落が分かりにくい分、特殊1枚のサンプルを検証済の順押しを推奨。
近いうち、逆押し時の制御も検証します。


[ボーナス中G数]
8/9更新 ボーナス中の手順を掲載しておりましたが、
微妙に情報が間違っていたためいったん削除いたしました。
(変則押しのチェリー出目や1枚役についての情報不足等)
参考にされた方がいましたら大変もうしわけありませんでした…


BIGとREGもチェリーのカウントをする方のみ利用します。
両ボーナス共に毎回ゲーム数が変動してかなりややこしいです。
難しいのは嫌ずら><という方は、下は読まずに毎G脳内カウントを!

ボーナスゲーム数の数え方は基本的に以下のように。
BIGは31G+α (8枚まで11枚役以外の入賞OK)
REGは14G+α (3枚まで11枚役以外の入賞OK)
α部分はリプレイやシフトも含めた11枚役以外が成立したG数です。
α部分だけは消化しながら脳内でカウントする他ないですね。
許容枚数をオーバーした場合は総G数から-1してください。




<高確とは>
私もまだあまり理解しきれてないため、間違ってたらすみません!
俗に言う高確はMB、BIG、REGのどのボーナスも成立していない状態。
ここでMBを成立させる前にBIGかREGを引けるかどうかの勝負です。
転落役というのは、つまりはMBのことです(MBは2枚掛け/2Gで終了)
MBが成立しても揃える事さえできれば消化後に継続。これが転落回避。
MBが成立し、入賞に失敗すると以降は特殊1枚役が成立するまで
どうやっても揃えられない状態になります。これがいわゆる通常時です。
当然ボーナス成立後状態ですから、BIGもREGも成立はしなくなります。
たまにある払い出し0枚のゲームでMBが揃うはずじゃ?と思いましたが、
これも1枚役の制御で第2停止までに強制的にMBを取りこぼす制御に。
このシステムを最初にリリースした山佐ってすごい。

 
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可