CZ/RT中に設定差のある小役以外が成立したゲームの中で、
リプレイとハズレがどれくらいの割合を占めているか。
この割合を元に設定推測を行うのが、いわゆる比率判別法です。
ハナビでガリぞうさんがイチオシする手法だけあって、
シミュレーターでも検証しましたが通常の手段より精度が高いです。

※私の言うCZはVSチャレンジ、RTはVSゲームのことです

今回は、あまりネット上に出回っていないバーサスの比率判別値を。
まず、前提としてネットに出回っている小役確率等は小数点第二位までしか
公開されていないものが多く、本当の値との誤差が生じる事が多いです。
65536分数に置き換えて、ある程度「こんなもんだろう」という予想のもと
整理した数値を使用していますので、他サイトとのズレがあると思います。
ベルは65536分数にしておおよそ±3の誤差、CZ中ハズレは±10、
RTハズレは±8の誤差があるかと思いますので、予めご了承下さい。
ベルは以下のような区切りの良い数字にして検証しています。


※スイカ、チェリー、ボーナス確率等は検証において誤差なしと断定


ハズレ割合は、ハズレ÷(ハズレ+リプレイ)として計算しています。


RT中は表幅の関係でパーセント表記が出来なかったため、以下に記載。


<< RT中ハズレ割合(通常リプ除外) >>
設定1 12.47%
設定2 13.99%
設定5 15.51%
設定6 17.99%

<< RT中ハズレ割合(通常リプ合算) >>
設定1 10.53%
設定2 11.80%
設定5 13.07%
設定6 15.16%


ここで気になるのが、設定差のない通常リプレイ(1/7.3)の存在です。
いつもはRT中の無演出時は適当におしてリプレイを揃えており、
通常リプレイが見抜けるという発想自体がありませんでした。
そこでガリぞう氏がなんと、見抜く打法があるというスクープ記事を。
さすが、こういうところを検証されるあたりが本物のプロの方ですね。

一応私は判別方法を理解しましたが、こちらでは公開を自粛します。
どのような打法で、どんな形で止まれば通常リプと断定可能かは
スーパーパチスロ777 2016年12月号にて確認可能ですので、
興味がある方はお買い求め頂ければと思います。その際はどうか
ガリぞうさんのブログの右側のメニューからご購入頂ければと!
Kindleでも読めますので、すぐに情報入手可能です(私もそうしました)

ただ、CZ中の比率等は載っていなかったため今回記事を作りました。
これ自体は意図的に非公開にしているかは分かりかねますが、
もしそうだったらごめんなさい…。
なお、CZ中はJACリプか通常リプかの2種類しかないため、
見分け方などは一切気にせず適当押しで問題ありません。
若干ガリぞうさんの公開している数値と微差があるのは、
前提としているベル確率等が異なっているからだと思います。


自作の判別ツールのセブンノアにも先程反映させましたので、
よろしければお使い頂ければと思います。

 
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可