新たにMB中の技術介入当選率と周期CZ中の値が判明しました。
結構な差があり、設定推測に活かせそうでしたのでまとめました!


(けっして某社のあの娘に似てないのコトね)

周期CZのパトルンルンチャンスに突入すると、
筐体左側のサブ液晶にパトランプを頭に乗せたワンコが出現します。
周期は約333Gおき。前回転落リプレイ停止から318G消化時点で開始。
ここから15G+転落/突入リプが停止するまで毎ゲームARTの抽選。
内部的には準備RT2(無限)>転落リプ→通常時RT(333G)→準備RT2
という流れで行われております(準備RT1はボーナス終了直後のやつ)

パチスロ ツインエンジェルBREAK 周期CZの期待度

上の表は、15G経過後の準備RT2に入ってから
転落/突入リプレイが止まるまで大体3Gくらいだろうと考え、
合計18Gという仮定のもと各期待度をまとめたものになります。
このレバーオン当選というのは、成立フラグを一切無視して毎ゲーム
レバーを叩いた時点で毎ゲーム抽選をしていて、当選時には即告知か
液晶演出に合わせて数ゲーム潜伏してからキュインと告知されます。
他にもこのCZ中にボーナスが成立した場合は問答無用でART当確。

ボーナス成立、自力押し順正解以外で1周期にキュインする台は
そこそこ高設定の期待度が上がるかもしれませんね。
ただし、朝一の1周期目に関しては、設定変更していれば内部的に
2周期からの開始となるので、サンプルに含まないよう注意が必要。


判別ツールでは、1Gごとの当選率による推測を採用しました。
CZ中はプチ裏技として、レバーオンから第1停止をするまでの間に
サブ液晶をタッチすると当選G以降、高確率でキュインとなります。
内部的に潜伏することもあるようですので、毎ゲームこの小技を
駆使しながら逸早く当選時の経過G数を把握する必要があります。

設定判別ツール@セブンノア
http://seven.noor.jp/judge?s=ta_break




<< おまけ >>
MB中の技術介入(鞄/鞄/ベル停止でVa beneというアレ)にも
結構な設定差が判明し、一度でも確認できれば高設定に期待?

設定1-3 0.78%
設定4  1.56%
設定5  3.13%
設定6  4.69%

ただ、通常のMBのみかART中のMBも同様なのかまでは不明。
ですが「ART中のMBは消化中の抽選のみ」という言葉は耳にした
覚えがありますので、両方サンプルとして採って問題ないはずです。
(ART消化中にMB成立しても、それはバトル勝利によるストックの
 獲得だけでMB自体では何もしてないよという意味だと思われます)
当選時はボーナス終了画面でなく、第三停止までに即告知されます。
一応おさらいですが、MB中は一度しか抽選していない点にご注意を。

 

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可